シャンプー・トリートメント・ヘアワックスの通信販売。

scrunchfoam


ヘアフォーム


ニゼル スクランチワーク フォーム(ノーマルタイプ)


ニゼル スクランチワーク フォーム

ベタつかず空気感のあるウェーブヘアに仕上がる!!

こちらの「ニゼル スクランチワーク フォーム」はセット力がほどほどの自然な感じに仕上がるフォームです。パーマヘアに使用するウェーブ用のフォームで、スクランチ(握りながらスタイリングすること)しながらスタイリングすることで、ウェーブの束感やリッジ(パーマのうねり)感をきれいに出せます。泡が細かくベタつかないフォームで髪にスーッとなじむ感じは数あるフォームの中でもピカイチです。とても使いやすいフォームです。

セット力は強くなく弱くなく、ほどほどの感じが使いやすいです。強めのウェーブ~弱めのウェーブまでどんなウェーブスタイルでも対応できます。「ワックスはちょっと苦手」という方にピッタリな商品です。

お店で使っている方法を伝授!

ウェーブヘアのスタイリングの時、濡らしてウェーブの出た髪にこのフォームをまんべんなくもみ込んでドライヤーをします。そうすると、ウェーブがドライヤーの風で弱くなるのを防いでくれます。そのあと、もう一度フォームを握りながらもみ込んでウェーブを再現します。1回で決めようとせず、数回に分けてつけるのが上手にできるポイントです。


大きさはこんな感じ


line.gif


こんな人におすすめ。

  • 強め~弱めのパーマヘアの方で、またショートでもロングでもOK!
  • ノーマル~ちょいハードタイプのフォームなので自然な仕上がりをご希望の方に。
  • ワックスが苦手な方に。
  • ウェーブをきれいに出したい方に。


このフォームがニガテなスタイル。

  • ストレートヘア(ウェーブ用なので)
  • ボディーパーマのようなごくゆるいショートからミディアムのパーマスタイル(セット力がそこまで強くないので再現性が悪いかも)


おすすめの使用方法

ウェーブヘアに使用する場合

まず、タオルドライ後の髪に少量のスクランチフォームを髪につけます。やはり毛先を中心にパーマがかかっている部分に均等につけます。量としては、ピンポン玉ひとつ分ぐらいを2回

その後、ドライヤーの弱風で髪の根元を乾かします。ウェーブ部分は手で髪を持ち上げるような感じでドライヤーをやさしく当てて半乾きぐらいにします。

次にもう一度スクランチフォームをつけますが、今度はピンポン玉ひとつ分を3回から4回に分けてつけます。右サイド・左サイド・右バック・左バックの4回です。

つけ方は毛先からトップに向かって、もみ込むようにしてしっかりつけましょう!ギュッと髪を握ってウェーブを再現するような感じでつけます。必ず毛先からです

フォームをつけた後は、あまり手を入れないほうがいいです。

あれば、固めるスプレーを表面にスプレーすると完璧!



ニゼル スクランチワーク フォーム

ニゼル スクランチワーク フォーム  150g
セット力:普通からちょっとハードなタイプ
価格:      1,680円

個数





お買物ガイド

お買物ガイド

お買物ガイド

簡単な手続きですぐにご利用いただけます。

ペイパルについてはこちらのペイパル・サイトで→ ペイパルとは


お買物ガイド

送料一覧→ 送料詳細


お問い合わせ


ページのトップへ


powered by Quick Homepage Maker 4.18
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL.

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional